指を指す女性

基本情報

クリンダマイシンゲルというのはニキビ治療に用いられることの多い抗生物質です。非常に高い効果があるとして多くの人がクリンダマイシンゲルでニキビの悩みを解消しています。

クリンダマイシンゲルに配合されている有効成分は、リン酸クリンダマイシンという成分です。リンコマイシン系抗生物質には細菌が持っているタンパク質の合成を阻害することが出来る役割を持っています。タンパク質の合成を抑えることで細菌の繁殖を抑える、つまり抗菌効果があるということです。
クリンダマイシンゲルというのは、様々な微生物に作用するというわけではありません。細菌にだけ作用するという特徴を持っていますので、真菌やウイルスなどには全く効果がありません。
細菌に作用するということですが、効果があるのはニキビだけではありません。細菌が原因となっている皮膚疾患であれば効果があり、毛包炎、耳せつ、おできといった症状の治療にも用いられています。

ニキビというのはアクネ菌が大きな原因となっています。ただ、クリンダマイシンゲルを使用することによってアクネ菌を減少させる、炎症を起こしている部分を抑えることができます。炎症をおこす前のニキビにも有効ですし、炎症を起こしている赤ニキビにも有効です。
通常であれば2週間程度で効果が現れます。

抗生物質ということで長期間の治療には使用されません。
長くても1ヶ月程度の使用となります。クリンダマイシンゲルを使用している人の多くは1週間~3週間程度で症状が収まっています。1ヶ月使用しても効果が実感できなかったという場合には、専門の病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

手を広げる女性

使い方を知る

どのような医薬品でも正しく使用しなければ最大限の効果は現れませんし、かえって症状が悪化してしまう…なんてことにもなりかねません。
せっかくニキビ治療をするためにクリンダマイシンゲルを使用するのですから、正しい使用方法を知っておくようにしましょう。

まず、使用する頻度ですが1日2回です。朝と夜に分けて使用します。
清潔な状態で使用しなければ意味がありませんので、洗顔をした後に使用しましょう。洗顔後には化粧水や乳液などのスキンケア用品を使用すると思いますが、これらを使用して肌を整えた後にクリンダマイシンゲルを使用します。

クリンダマイシンゲルをニキビのある部分、ニキビができかけている部分に軽く塗布します。
早く直したいからといって分厚く塗布してしまう、広範囲に塗布するというのはNGです。ニキビがある部分にだけ、ピンポイントで使用する必要があります。
また、使用した際には、しっかりと紫外線対策をする必要があります。ニキビなどの肌に炎症を起こしている部分というのは、紫外線を浴びることでメラニンが皮膚の深層部へ入り、色素沈着を起こしてしまいます。そうなれば、ニキビは治りにくくなりますし治ったとしても跡が残りやすくなります。

ニキビが治るまでクリンダマイシンゲルを使用しますが、治療の期間は最高でも1ヶ月程度です。長期間使用すると効果が薄れてきてしまいますので、短期間で治療する薬と思っておきましょう。
クリンダマイシンゲルを使用して2~5日程度で効果が現れてきますので、完全に治すためにも1日2回忘れず使用しましょう。

赤と緑のカプセル

副作用を理解

市販のニキビ薬というのは使用していても副作用が起こるようなことは殆どありません。身体に優しく、安心して使用することが出来るということがいえますが、その分効果も薄いです。
クリンダマイシンゲルはニキビ治療に非常に有効なお薬ではありますが、副作用のリスクがあります。副作用というのは、医薬品を使用する際に必ず存在しています。
副作用が出にくい医薬品や、体質によって副作用を感じにくいという場合もありますが、こればかりは実際に服用してみなければ副作用があるかないかというのはわかりません。

クリンダマイシンゲルというのは、皮膚の炎症を抑える殺菌作用や抗菌作用がありますので、刺激を感じる方がいます。
使用することで、赤み、かゆみ、ひりひり感…といった症状が起こる可能性があります。また、使用している人によっては、クリンダマイシンゲルを塗った部分が乾燥するようになったという声もあります。こういた皮膚に現れる症状は敏感肌の人に多いです。
しかし、クリンダマイシンゲルにはゲルタイプだけではなく、ローションタイプもあります。ローションタイプであれば敏感肌でも問題なく使用することができます。
また、元々アレルギー体質という人は副作用の症状が現れやすい傾向がありますので、気をつけましょう。軽度の副作用であれば使い続けて問題ありませんが、かなり強い症状を感じているのに使い続けてしまうとニキビが悪化してしまう恐れがあります。

また、クリンダマイシンゲルはリンコマイシン系の抗生物質となります。この抗生物質というのは長期間服用することで薬が効きにくくなってしまう特性を持っています。ですから、1ヶ月程度使用して炎症が収まったという場合には、一定期間は治療をストップする、または他の薬に変えて治療をすすめていくようにしましょう。

透明の薬

自宅治療

どんな症状でも病院で治療をするとなれば治療費が必要です。専門の医師に診てもらい、薬を処方してもらうこととなりますので、根本的な治療を行うことができます。治療の多くは保険が適用されますので、治療費はそこまで高額にはなりません。しかし、2週間~1ヶ月程度の感覚で通わなければなりません。手間・時間・お金がかかってしまいますので、しっかりニキビ治療をしたいものの、途中で断念してしまうという方も少なくないはず。
毎回同じ薬をもらうのであれば、薬だけ自分で購入できたら…。そう思いますよね。

実は、現在では病院で処方されている医薬品を自分で購入することが出来るようになっているのです。しかも、病院で手に入れるより安く、豊富な種類の中から選ぶことが出来るようになっています。
日本の薬事法というのは非常に厳しいので、国内に存在している薬の種類は少ないです。しかし、海外は日本のように厳しくありませんので豊富な医薬品が存在しています。海外で販売されている医薬品を個人輸入代行サイトを通して購入すれば、かなりお得になります。
もちろん、違法でもなんでもありませんので安心して購入していただけます。

クリンダマイシンゲルも個人輸入代行サイトを通して購入することが出来るようになっており、かなり安く手に入れることができます。しかも、5本程度であればまとめて購入することも可能です。
もちろん、クリンダマイシンゲルの他にも様々な医薬品が販売されていますので、自宅治療したいといいう場合に良いでしょう。

ただし、クリンダマイシンゲルを注文してすぐに届くわけではありません。海外からの発送となりますので時間はかかります。
また、パッケージも日本語ではありませんので、不安に感じてしまうかもしれませんが、中身はクリンダマイシンゲルには違いありません。しかし、中には偽造品…という可能性もありますので、個人輸入代行サイトを利用する場合には慎重になることをおすすめします。

瓶と薬

チェックポイント

個人輸入代行サイトというのは多く存在しています。
どこのサイトで購入しても差はないだろう…と考えている方も居るでしょうが、どこで購入しても同じではありません。そのため、クリンダマイシンゲルを個人輸入代行サイトで購入するのであれば、少しでも安く、便利に、安心して買物を楽しみたいですよね。
そこで、個人輸入代行サイトを利用する際にチェックしておきたいポイントをお教えします。

・金額
同じクリンダマイシンゲルでも、サイトによって金額が異なります。大きく異なることはありませんが、少しでも安く手に入れたいですよね。そのためにもいくつかサイトを比較しなければなりません。また、ここで気をつけておきたいのが送料です。クリンダマイシンゲルの価格が一番安いからといって総額も一番安いとは限りません。場合によっては送料が高く設定されていることもあります。
選ぶ場合には一定の購入金額以上で送料が無料になるというサービスをしているところにしましょう。

・梱包
海外からの配送ということで梱包状態が雑…ということはよくあることです。クリンダマイシンゲルであれば、中身が見えても問題ありませんが、ED治療薬や避妊薬などを注文した場合中身が見えていると問題です。プライバシーを守るための梱包をしているかどうか確認をしておくと安心です。

・配送
海外からの配送となりますので2~3日では届きません。最低でも2週間はかかると考えておきましょう。しかし、いつ届くのがわからないのは不安です。配達状況を確認できるサービスをしているところは安心して利用できますし、信用できます。

また、こうした情報というのは自分で個人輸入代行サイトを比較して調べることもできますし、口コミサイトなどを通して調べることも可能です。